女性の悩み産後のデリケートゾーン

女性の悩み産後のデリケートゾーン

今までデリケートゾーンに関する情報などをCMなどで見聞きしていましたが、完全に他人事だと思いあまり関心がありませんでした。
しかし昨年、私は妊娠出産を経験し女性の悩みの一つであるデリケートゾーンに関するトラブルを実際体験することになりました。
妊娠後期になると、なかなかトイレに間に合わず必ず尿漏れを起こしてしまい、デリケートゾーンのかぶれを毎日のようにおこしていました。
出産後は手術した箇所が腫れてしまい、一週間以上はトイレに入るのが怖く感じていました。またかゆみ・痛みに悩まされ、デリケートゾーンのお手入れを一か月以上、毎日行っていました。
今は出産して一年以上経ったため、デリケートゾーンの悩みはなくなってますが、再度出産をする際はまた同じ悩みを抱えるのではないかと感じます。
また高齢になるにつれて、尿漏れなどたくさんのトラブルを感じる頻度が多くなってくると感じます。そういった際に今後、トラブルを解消できる方法などを詳細に示したサイトや情報誌などがもう少し多くあればいいなと思います。
若い人から高齢者まで一度は経験するトラブルであると思いますので、
今後このようなトラブルに悩まされる人が減るような世の中になっていけばいいなと感じました。
⇒デリケートゾーンケアのベストな解決策を探す

 

女性の悩み、デリケートゾーンのトラブルですが私には子どもを産む前はそんなトラブルはありませんでした。
生理中のナプキンかぶれ知らずでどんな安いナプキンでも大丈夫だったのに、産後は何かとトラブルに見舞われるようになってしまいました。

 

まず最初に変だなと感じたのがおりものでした。排卵日周辺でのおりものがおりものシートでは間に合わないほどでるようになりました。
量が多いので心配になり産科にかかりましたが問題なし。
ホルモンバランスの変化ということでした。おりものシートでは間に合わないので普通のナプキンをしていたのですが、妊娠前に使用していた一番安いナプキンを使用したらかぶれがひどくて痒みに悩まされました。
生理中もそうで、今までのナプキンから通気性の良いナプキンに変更しました。
少し良くなりましたが、二時間ごとにナプキンを変えないとかぶれて痒く、生理が終わっても痒みに悩まされるようになりました。
痒くて我慢できずに掻いてしまうと、爪で外陰部を傷つけてしまい痒みと痛みのダブルパンチ。
デリケートゾーン用の痒み止め薬が手放せなくなりました。

 

そんな私ですが、現在はトラブルに悩まされることがなくなりました。
雑誌で読んだ「布ナプキン」の存在を知ったからです。布ナプキンを使用し続けると生理のコントロールができるようになり、
下着を汚すことが少なくなったからです。最初は戸惑うことが多かったですが、解決して良かったです。